Agency for Cultural Affairs moving to Kyoto
文化庁 京都へ
スライドを一時停止スライドを再生

2022年度、文化庁がいよいよ京都へやって来ます。

2022年度中の文化庁の京都移転を多くの方に知っていただきたい、文化庁の京都移転の機運を盛り上げていきたい、そんな思いから、わたしたち、京都府、京都市、京都商工会議所で構成される文化庁京都移転準備実行委員会はこの度、文化庁京都移転ロゴマークを作成しました。
本ロゴマークを様々な活動の広報媒体等に活用して、オール京都で「文化庁京都移転」を応援しよう。
「文化庁京都へ」から文化庁の京都移転の盛り上がりを全国へ発信して参りますので、文化庁の京都移転を応援していただける皆様からの積極的なご活用をお持ちしています。

文化庁京都移転ロゴマーク【ロゴマークイメージ概要】
京都の文化財の象徴として、五重塔を京都の紫色で表し、
背面の赤い丸で日本及び東京を表現され、文字により京都移転が伝わるよう単純明快に表現している。

Project主幹団体事業

主幹団体のイベント情報や、お知らせなどをご覧いただけます。

  • 実行委員会関西地域文化フェア明治以来初の中央省庁移転となる文化庁京都移転の意義を発信し、地域文化の振興、文化の力による関西の活性化を図ることを目指して、今回、様々な文化の魅力を語るパネル討論や子ども達による地域の伝統芸能の発表を行う「関西地域文化フェア」を実施します。

Event文化庁京都移転応援イベント

最新のイベント情報、お知らせ、ロゴマーク活用事例などをご覧いただけます。
※新型コロナウイルスの影響により、イベントなどは変更・延期・中止となる場合があります

  • 「大正の京都」ー丹後から山城までの博物館大集合ー
    「知られざる大正の京都の逸品 京都学歴彩館に集結」 2回目の開催となる京都府ミュージアムフォーラム合同展覧会は、府内の個性豊かなミュージアムが所蔵する大正にまつわる展示品を京都学・歴彩館にて展示します。
  • 第37回丹後民踊のつどい
    第37回丹後民踊のつどい
  • 府民交流フェスタ
    京都の未来を担う子どもたちが目を輝かせ、時間を忘れて夢中になれるような場を府民会議の構成団体やNPO等と一緒に創り出し、交流を深めてもらうイベント。警察音楽隊や東映京都撮影所な...
  • 京都の文化自慢サラ川2021 大募集
    2022年度中の文化庁京都移転を盛り上げるため、「京都の文化自慢サラ川(サラリーマン川柳)2021」を募集します。
  • 生誕130年 堂本印象展
    約60年にわたる画業において様々に画風を変貌させた堂本印象(1891-1975)。花鳥画をはじめ、風景画、人物画、仏画など日本の伝統的なモチーフを描く一方、戦後には抽象絵画へと華麗な展開を遂げました。
  • 紫式部文学賞受賞者講演会
    第31回紫式部文学賞受賞者を講師にむかえ、講演会を実施します。 講師、演題及び参加者募集等の詳細は10月13日(水)午後2時より発表予定です。

Enjoy bunka文化を楽しむ関連リンク

comming soon!

Message文化庁京都移転応援メッセージ

comming soon!

Related Documents関連資料

ページの先頭へ