「文化庁京都移転をきっかけとしたリレー対談」の新たな記事をアップしました。

「文化庁京都移転をきっかけとしたリレー対談」の新たな記事をアップしました。

京都市内で書店や絵本カフェ、雑貨店を展開する「ふたば書房」の代表取締役・洞本昌哉さんとともに、紙の本の魅力や、読書のスタイル、地域に根ざした書店の価値について考えました。

1冊の本から広がる「新しい世界」 人と本、人と人をつなぐ京都の書店

皆さま、ぜひご覧ください!

ページの先頭へ